着こなしテクニック

スーツセレクトでスーツを買う

年齢別メンズスーツ選び着こなしテクニック

メンズスーツを年齢に応じて着こなすテクニックの基本は、デザインでメリハリをつけることです。メンズスーツのデザインでは、「二つボタン」「三つボタン」が主流です。それにベストがついたものが「スリーピース」です。20代なら、この三パターンがあればいいでしょう。

20代、30代、40代では違うスーツ選びの基本

20代スーツ選び30代、40代になったらダブルブレストの「四つボタン」や「六つボタン」、デザイン性の高い「ソフトスーツ」などにチャレンジしてみることです。

20代からソフトスーツにチャレンジする人もいますが、本当に似あっている人はごく少数です。ソフトスーツは社会的な責任も大きくなり、内面も外面も充実した年齢になってからにしたほうが賢明です。若いうちはむしろ、トラディショナルなアメリカンスタイルのスーツを身に着けている方がより知性的に見えます。

スーツスタイルは、その人にとって名刺と同じ役割を果たします。どのようなスーツを選んでいるかは、その人のセンスだけでなく性格や仕事への姿勢まで物語ってしまうのです。あなたが、もし20代か30代の前半なら、生地の質にこだわって、トラッドなスタイルのスーツを選ぶことをお勧めします。上質な生地は風合いもよく、相手に信頼感を与えますし、長く愛用できます。

スーツの選び方と購入ポイント40代以上の人は、逆にトラッドになりすぎず、イタリアンカジュアルなテイストが含まれたソフトスーツが映えます。
トラッドなスタイルを一通り着こなしてきたからこそ、カジュアルなものも嫌味なく着こなせますし、ダブルブレストのスーツのような重厚なイメージのものでも大げさにならずに見せることができます。

また、定番スーツの中でも三つボタンのものは比較的若いうちが、二つボタンは年齢を重ねたほうが似合う印象がありますが、これは好みで構いません。

スーツ選びのジャストフィットの6ポイント

40代以上のスーツ選び
仕立てのいいスーツを手に入れたとしても、正しい着こなしでなければすべてが台無しに。逆に正しい着こなしを知っておれば、激安スーツでも品のいいスーツスタイルに変身できる。
ビジネスマンにとってスーツは第二の皮膚の働きをしてくれます。
その正しい着こなし方はなにか?パーツごとに重要なポイントを紹介するのでスーツ選びの参考にしてください。

1ジャケット丈の長さ

ジャケット丈丈はちょうどヒップがすっぽりと隠れる程度がベスト。
流行によっては長短の差はありますが、全体のバランスがいちばんよく見えるのがこの長さです。
新入社員の場合は、サイドベンツよりセンターベンツが無難です。

2胸のゆとり

胸上衿は見頃に沿い、ラペル(下襟)は立体的にロールしています。
タスキをかけたようなシワがでておらず、ナチュラルにドレープしている状態が好ましい。

3袖の長さに注意

袖口袖口からシャツのカフスが平行に出るもの、
シャツのカフスは1~1.5㎝程度。
ジャケットの袖口からのぞかせるのが適当です。

4肩より肩パッドが下がってはだめ

肩先斜めに走るシワなどがなく、首から肩にかけてナチュラルにフィットしている状態がいい。
肩の峰は肩先に向かいやや前方にカーブしているのが理想。

5パンツ丈は靴のかかとよりちょい上垣本

パンツ丈パンツ丈は靴の甲の部分にギリギリさわる程度の長さから、もう少し長いワンクッションまでにするときれいなクリースラインを作れます。

6パンツライン

フロントから見たクリースの通ったきれいなライン。
靴の上に乗った裾口に軽く横しわが付いている状態をハーフクッションと言います。

関連記事

  1. 手ぶら出勤できるスーツ

    ジャケットの内側に大小複数のポケットが付いた手ぶらで出勤できるスーツ

  2. 服のメンテナンス

    激安スーツのお手入れ・メンテナンス

  3. 高級スーツもガタ落ちする理由・・・女性はココを見ている

  4. 男のスキンケア

    激安スーツをバッチリ着こなす体型カバーのポイント

  5. 小物定番アイテム

    スーツに合わせる定番アイテムを上手に選ぶコツ

PAGE TOP

職業で選ぶスーツ

広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

広告代理店の人が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

商社マンが選ぶ激安スーツ

スーツの選び方と購入ポイント

職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

公務員が選ぶスーツ

着こなしテクニック

激安スーツのお手入れ・メンテナンス

服のメンテナンス