職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産を扱う業種は、やはり信頼性や安心感を感じられる着こなしであることが大切。
仕事がらお客様や業者の年配者と会う機会も多いので、老若男女に好印象を与える落ち着いた着こなしのアメリカンスタイルフレンチスタイルを意識するといいでしょう。

また不動産会社にはガッチリした体型の体育会系社員も多いです。ガッチリした人にはブリティッシュスタイルがおすすめ。

スーツの色はダークからライトと―ん、ストライプも派手な印象を与えなければ問題ありません。不動産業で一番ポイントとなるのは足元。
内見などでシューズを脱ぐ機会が多いので、スマートに着脱できるスリップオンタイプが活躍しています。これらの靴やカバンなどビジネス小道具も激安スーツ通販でまとめ買いすれば、かなり安く買えます。

心掛ける3つのポイント
  1. 信頼感を与える落ち着いたコーディネイト
  2. バッグは耐久性も重視
  3. 足元は着脱が楽ちんなスリップオン
新入社員の着こなしポイント
  1. ネイビーは年配者にも好印象
  2. 誠実さを意識したVゾーン
  3. 足元は基本のストレートチップ
  4. 不動産業の着こなし

    スーツの色・シルエット選びのポイント
    ストライプスーツ一覧
    ストライプスーツ
    ベージュ系スーツ一覧
    ベージュ系スーツ
    グレー系スーツ一覧
    グレー系スーツ
    ネイビー系スーツ一覧
    ネイビー系スーツ
    主張が控えめであることが条件 年配者には軽く見えてしまうので避けたほうがいい トーンに関係なく取り入れられる。柄は控えめが鉄則 誠実さをアピールできるネイビー。

    AOKIスー通販

    スーツのAOKI公式サイトを見る

関連記事

  1. 広告代理店の人が選ぶスーツ

    広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

  2. アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ

    アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

  3. イタリアンスーツ

    銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

  4. 公務員が選ぶスーツ

    公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

  5. スーツの選び方と購入ポイント

    商社マンが選ぶ激安スーツ

PAGE TOP

職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

着こなしテクニック

激安スーツのお手入れ・メンテナンス

服のメンテナンス

職業で選ぶスーツ

公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

公務員が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

イタリアンスーツ