職業で選ぶスーツ

公務員が選ぶスーツ

公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

公務員は国家のために奉仕するという仕事柄、誠実なイメージがなくてはなりません。着こなしもそれを意識した信頼性の高いオーソドックスなスーツスタイルが好ましい。加えて清潔感があることが重要。スーツの色はチャコールグレーやネイビーといったシックでダークな色味が基本。

スーツスタイルは、オーソドックスなアメリカンスタイルブリティッシュスタイルがおすすめ。

シャツは金融系同様に白がオススメ。
タイも色を控えめにするのが正解ですが、ネイビー(紺色)をベースにしてレジメント(斜め線が白色、薄いゴールド系)や小さな白色または淡い青色などのドット柄のものは誠実さと清潔感が加味できるので積極的に取り入れたい。

心掛ける3つの着こなしポイント
  1. 落ち着いた配色で誠実さをアピール
  2. シャツは白が基本。タイも控えめがベスト
  3. 靴やバッグなど小物はスーツの色に合わせた黒か茶
新入社員の着こなしポイント
  1. 紺か濃いめのグレー無地スーツを選ぶこと
  2. シャツは清潔感あふれる白が基本
  3. スーツと色を揃えたタイで統一感を。単純なストライプなら、派手な印象を与えません。
    色合いも落ち着いたものを選ぶといいです。
  4. 好まれる着こなし

    スーツの色・シルエット選びのポイント
    ストライプスーツ一覧
    ストライプ
    ベージュ系スーツ一覧
    ベージュ
    グレー系スーツ一覧
    グレー系
    ネイビー系スーツ一覧
    ネイビー系
    ストライプの場合は、主張が控えめなものがいい 軽い印象を与えるので絶対避けるべき ライトト―ンはNG。チャコールグレーなどのダークな色を。 ダークトーンが絶対。柄の主張も控えめであること。

    AOKIスー通販

    スーツのAOKI公式サイトを見る

関連記事

  1. イタリアンスーツ

    銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

  2. スーツの選び方と購入ポイント

    商社マンが選ぶ激安スーツ

  3. 不動産業者が選ぶスーツ

    不動産業者が選ぶスーツ

  4. アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ

    アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

  5. 広告代理店の人が選ぶスーツ

    広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

PAGE TOP

職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

イタリアンスーツ

職業で選ぶスーツ

商社マンが選ぶ激安スーツ

スーツの選び方と購入ポイント

着こなしテクニック

激安スーツのお手入れ・メンテナンス

服のメンテナンス