職業で選ぶスーツ

イタリアンスーツ

銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

銀行や証券会社などの金融系の方がスーツを選ぶ場合、いかに誠実でまじめな印象を与えられるかがカギとなります。基本的にスーツは無地で、チャコールグレー、ネイビ―といったダークカラーを基本としたオーソドックスなアメリカンスタイルブリティッシュスタイルが望ましいでしょう。

Vゾーンもスーツに合わせて控えめに仕上げるのが正解で、シャツは白無地であれば間違いありません。タイの柄はストライプや細かなドットでもかまいませんが、いずれも落ち着いたカラーリングで構成されているのが鉄則となります。あくまでも、堅実さを重視した着こなしを!

心掛けるべき3つの着こなしポイント
  1. ダークカラーの無地スーツがベスト
  2. タイは落ち着いたベーシックカラ―
  3. 靴と鞄はスーツに馴染むブラック,/li>
新入社員の着こなし術
  1. 誠実な印象の紺無地
  2. シャツは織柄のないもので基本の白、または薄いブルー
  3. 色も柄も控えめなタイ。紺タイは誠実さだけでなく、信頼感を与える印象
  4. ネクタイはレジメントがおすすめ。ドット柄は細かいほど上品な印象に
  5. 金融マンにおすすめの着こなし

    スーツの色・シルエット選びのポイント
    ストライプスーツ一覧
    ストライプスーツ
    ベージュ系スーツ一覧
    ベージュ
    グレー系スーツ一覧
    グレー系スーツ
    ネイビー系スーツ一覧
    ネイビー系スーツ
    ×
    ダークカラーで主張しすぎなければ問題なし。 軽い印象を与えるため、金融系には好まれません。 グレーはライトなト―ンでないことが絶対条件です 必ず深い色を選ぶこと。明るいトーンはいけません。

    AOKIスー通販

    スーツのAOKI公式サイトを見る

関連記事

  1. 広告代理店の人が選ぶスーツ

    広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

  2. スーツの選び方と購入ポイント

    商社マンが選ぶ激安スーツ

  3. 公務員が選ぶスーツ

    公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

  4. アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ

    アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

  5. 不動産業者が選ぶスーツ

    不動産業者が選ぶスーツ

PAGE TOP

職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

公務員が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

広告代理店の人が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

商社マンが選ぶ激安スーツ

スーツの選び方と購入ポイント

職業で選ぶスーツ

銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

イタリアンスーツ