職業で選ぶスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

好感度を得ることは重要ですが、アパレル・マスコミはそれだけでは足りません。
たとえば、百貨店などのアパレルは、自らスタイリッシュで華やかなスタイリングを演出することも重要です。

一方、マスコミもファッションは自由度が高く、トレンドをミックスしたおしゃれなスタイルが好まれます。
サックスブルーの春らしいタイやチェックスーツなど、どちらの業種も今季らしさを取り入れたコーディネイトを心掛けるようにするといいでしょう。

心掛ける3つのポイント
  1. かっちりさ吐キープしつつ好感度も意識する
  2. トレンドの色や柄に積極的にチェレンジを
  3. チーフを取り入れて胸元を華やかに見せる
新入社員の着こなし
  1. 控えめ柄でさりげなく遊びを演出
  2. シャツは白が正解
  3. ニットタイもOK
  4. 足元はダブルモンクで差をつける
  5. どんな色のスーツもOKです。

スーツの色・シルエット選びのポイント
ストライプスーツ一覧
ストライプ
ベージュ系スーツ一覧
ベージュ
グレー系スーツ一覧
グレー
ネイビー系スーツ一覧
ネイビー
存在感あるストライプでシャープさを強調しましょう 他の職業ではNGな場合が多いベージュですが、コットンなどのカジュアルな素材のものもOKです。 定番色だからこそチェックなどに挑戦してもいいでしょう ネイビーでも明るいトーンで差をつけるのもオススメです

AOKIスー通販

スーツのAOKI公式サイトを見る

関連記事

  1. 公務員が選ぶスーツ

    公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

  2. 不動産業者が選ぶスーツ

    不動産業者が選ぶスーツ

  3. イタリアンスーツ

    銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

  4. 広告代理店の人が選ぶスーツ

    広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

  5. スーツの選び方と購入ポイント

    商社マンが選ぶ激安スーツ

PAGE TOP

職業で選ぶスーツ

公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

公務員が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

広告代理店の人が選ぶ3万円以下のスーツ

広告代理店の人が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

銀行マン・証券マンが選ぶ3万円未満のスーツ

イタリアンスーツ

職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ