着こなしテクニック

小物定番アイテム

スーツに合わせる定番アイテムを上手に選ぶコツ

3万円以下の激安スーツを買っても、シャツやネクタイ、靴などのアイテム選びを間違わなければ、高級スーツを身にまとった上品な雰囲気の作る演出も可能。当然、これら小物類も高級品を買う必要もない。大手の紳士服チェーンのオンラインショッピングサイトには、激安スーツとコーディネートできる小物類をまとめ買いできるメリットがある。
決して「これみよがし」ではなく、さりげなく着こなしに洗練された印象を演出アイテム選びは必須。ここではそのコツをレッスンしましょう。

ドレスシャツ

白色は広範囲に活躍してくれるドレスシャツの基本一枚

白の無地はビジネススーツからフォーマルまで、さまざまなシーンにおいて活躍します。よいコンデションでの維持のためにお数枚持っておきべきです。

淡いブルーのシャツは白と並ぶスタンダードカラー

白同様、さまざまなシーンに対応できる万能選手。お堅い職業の人にも気兼ねなく着れる色です。襟のキーパーを抜くことで、リラックスした雰囲気も楽しめます。クールビズスタイルにもバッチり。

ストライプシャツ

ミディアムグレーからネイビーまで、ロンドンストライプはスーツスタイルに必須。小紋柄ドットのネクタイと好相性なアイテム。

ドレスシャツ選び方

※選び方の注意
値段が安い(例えば1000円均一とか)シャツを買えば、一回着れば、そのあと選択しても襟周りがダサくなります。アイロンかけでも新品同様とはいかず、ネクタイも締めにくい。なので、シャツはいいもの(3000円以上)を選ぶと、後々のコスパもいいです。

靴との色合わせ、素材合わせがベルト選びのコツ

ベルト選びスーツの着こなしにおいて、ベルト選びは靴の色と素材感に合わせるのがベスト。
紺色のスーツには、黒いベルト、茶系のスーツにはブラウンのベルトというように。着こなしに統一感を持たせましょう。

ネクタイは信頼のおける配色やパターン選びが重要

無地からストライプまで、信頼を感じさせるネイビーは必須。チェックはややカジュアルになるので、かたい仕事の人は遠慮しましょう。シルバーの無地やストライプはフォーマルとして冠婚葬祭に。カジュアルスタイルに最適なタイはチェックやウール素材など多岐にわたり、首元の引き締めにはダークネイビーの無地も好相性。

ビジネスシーンに白いソックスはご法度

靴下一流のビジネスマンを目指すなら、彼女に安心感を持たせるなら短いソックスより、ロングホースの無地色を選ぼう。足を組んだ時にすね足が見えないのがエチケット。ソックスは靴やチーフと並び、正統派スーツスタイルとしのアクセサリー。ちょっとした予算ですぐに取り入られます。新入社員、どうかすると中堅社員の人で綿の白色ソックスをい履いている人がいる。これはもう完全にアウトである。柄物も同様でセンスが疑われる。紺色スーツには同色または、濃いめの茶、ダークグレー。茶系のスーツには同色。

靴下はアオキや青山でも調達できるが、男の値打ちは足元で決まるとも言われるので、同じ値段を出すなら、いい素材、おしゃれな色にこだわって靴下専門店で調達するのがおすすめ。

「僕のお気に入りの靴下専門店「靴下屋」の公式オンラインストア~Tabio

関連記事

  1. 男のスキンケア

    激安スーツをバッチリ着こなす体型カバーのポイント

  2. スーツセレクトでスーツを買う

    年齢別スーツ選び方

  3. 服のメンテナンス

    激安スーツのお手入れ・メンテナンス

  4. 手ぶら出勤できるスーツ

    ジャケットの内側に大小複数のポケットが付いた手ぶらで出勤できるスーツ

PAGE TOP

職業で選ぶスーツ

商社マンが選ぶ激安スーツ

スーツの選び方と購入ポイント

職業で選ぶスーツ

公務員が選ぶ3万円未満のスーツ

公務員が選ぶスーツ

職業で選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

不動産業者が選ぶスーツ

着こなしテクニック

激安スーツのお手入れ・メンテナンス

服のメンテナンス

職業で選ぶスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶ3万円未満のスーツ

アパレル・マスコミ関係者が選ぶスーツ